学生スタッフ経験者の感想

教員志望から見たむさ100

国士舘大学 4年 S.A

 

教員を目指す学生にとって、むさ100に参加することは2つのメリットがあると思います。一つ目は子どもと接する経験です。5日間歩く中様々な子どもと関わることになります。そのなかで子どもの現状や接し方などを肌で感じることができます。二つ目は研修での経験です。教師になれば人前に立って話すこと、生徒や親や同僚の先生など多くの人とコミュニケーションをとること、また一社会人として地域の方々と接するなんてこともあるかもしれません。そのすべてが盛り込まれているのがむさ100の研修であるのではないかと思います。現に私もむさ100の研修で前に立つ練習をさせていただいたことで、教育実習でさほど上がることもなく授業を行うことができました。教師になりたいけど将来不安、楽しみながら自分資質あげたいという方は是非お勧めです。むさ100で充実した時間を過ごし教師を目指してみませんか。そんなあなたの参加を待っています。

就職活動との兼ね合い

​駿河台大学 4年 K.M

私はむさし100キロ徒歩の旅の研修と、就活との兼ね合いで苦労したことはありません。というのも会社の説明会や選考というものは研修のある日曜日にはほとんど行われないからです。

研修の内容は就活で役に立ちました。研修では何度も挙手の機会や人前で話す機会、グループで話し合う機会があります。そういった経験は質問の時に手を挙げることや面接やグループディスカッションで役に立ちました。質問のために手を挙げるなんて当たり前だと思うかもしれませんが、むさし100キロ徒歩の旅での手の挙げ方をすると、確実に一番にさされます。そして少し会場がどよめきます。是非この事業に参加して挙手の仕方だけでもマスターしてもらいたいです。

最後に、むさし100キロ徒歩の旅では4年生は7月までに就職先が決まらなければ本番に参加できないというルールがあります。それはこの事業に参加して本気で取り組めば、就職が決まらないわけがないという理由からです。主催者はそれくらいの自信を持って研修を行っています。私も最初は不安でしたが、6月には内定をいただけました。絶対に就活にマイナスにはなりません。是非参加してください。